システムに対する子供たちの対応2

投稿者: | 2018年3月4日

2試合め、コーチが「次のスターキッカーズ戦は3-2-2で行こう」といったそうです。

以前も書きましたが子どもたちは3-3-1のフォーメーションに慣れていて、ほかの

フォーメーションは嫌がっています。

今日は「それやりたくない」と子供たちが言うと、コーチはしぶしぶ「うーん」と言っ

て3-3-1で行くことになったそうです。

今日はお願いされなかったようです。

いいなあ、フレンドリー。頑張れフレンドリー、頑張れはるぼん!


西宮光夏プロフィール
不動産業界、保険、人材業界での就業経験あり。2010年から副業でウェブライターの業務を始める。2018年フリーライターに転身。
著書 ・小説「頑張れフレンドリーズ」(2019年発売)。

失敗しないための副業webライター講座ブログ版公開中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です