トリニダード・トバゴ戦で消えたトップ下の代償

投稿者: | 2019年6月6日

健康な体形を保つトレーニング!業界最安値で最高の商品を!【TradeInn】

トリニダード・トバゴ戦で消えたトップ下の代償

2019年6月5日、サッカーの日本代表チームはトリニダード・トバゴ戦を0-0で終え、格下の相手に何もできずに終わった。

森保ジャパンになって、これまで日本は4-2-3-1の布陣で戦ってきた。トップに大迫、右と左に堂安、中島、トップ下に南野を配し、超攻撃的なサッカーを展開してきた。ウルグアイに快勝するなど、順調に勝利を収めている。

今までと何が違っていたのだろうか。

■日本代表の4-2-3-1の特徴

森保ジャパンの4-2-3-1の特徴はトップとセカンドトップがうまく機能しているという点だろう。どの位置にいてもポストプレーができるし、パス交換で相手ペナルティエリアへ切り込み、外れてもいいくらいの気持ちで積極的にゴールを狙う姿は、今までの代表チームでは見ることができなかった。

ボランチから後ろは、前衛をサポートする形でボールを供給することに徹すれば、FW陣が点を取ってくれる安心感がある。

■3-4-2-1フォーメーションの特徴

森保監督は6月5日のトリニダード・トバゴ戦では、今まで機能していた4-2-3-1を使わずに3-4-2-1で勝負にいった。森保監督がサンフレッチェ時代に使い3連覇を果たしたフォーメーションということもあり、このシステムでいけるのであれば、理想とする攻撃ができるはずだろう。

しかしトリニダード・トバゴ戦では全くと言っていいほど3-4-2-1の良さは出せなかった。そもそも3-4-2-1はカウンター攻撃に弱いのに、カウンターしか狙わない相手に使った点で、不慣れさが一層顕著に出たのかも知れない。

3-4-2-1の一番の特徴はサイドハーフの動きにある。守りの時は後ろに下がり5バックになることができる。トリニダード・トバゴ戦でも5バックになるシーンが何度もあった。しかし、先に触れたようにカウンターに弱いシステムなので、カウンターで攻められ冷やりとするシーンが何回かあった。たまたま、点を取られなかったが、相手がもっと攻撃力があるチームだったら少なくとも1点は取られていただろう。

また、サイドハーフはウィングと連携し攻撃をする役目もある。その場合攻撃は4人もしくは5人になる。5日の試合でもサイドハーフが攻撃参加している場面が何度も見られた。

■攻守における数的有利な状態を活かせていない

トリニダード・トバゴ戦のポイントはサイドハーフが機能するかどうかだった。サイドハーフが下がり最後列が5人になる場面があったが、果たして5人必要だっただろうか。またサイドハーフが攻撃面で機能していただろうか。

点を取られそうになったシーンは全てカウンターであり、3-4-2-1の弱点を突かれた形になった。つまり5人になった場面があったが、それが機能して点を取られなかったようには見えない。4人で守っていた方がカウンターは防ぐことができただろう。

攻撃面では2つのパターンが見られた。1つはカウンターだ。何回かカウンターで攻撃をしたが、最後列に5人下がっているために、カウンターをしかけても、人数の供給が間に合わない場面が多かった。相手ディフェンダー5人に対し日本勢は多くて3人、さらに少ないシーンでは2人という場面もあった。これではいくらカウンターをしかけても点は取れないだろう。相手のディフェンス陣の前からミドルシュートを打つしかない。

もう1つのパターンはパス交換で上がった場面だ。サイドハーフが相手ペナルティエリアまで上がりせっかく人数が増えても、シュートには消極的だった。サイドハーフはペナルティエリアでシュートが打てる場面でも打たずにパスを出していた。それなら、いつものように南野をトップ下においた方が点には近い。

格下相手に得点0。トップ下不在の代償は大きい。

守りと攻撃の両方の場面で3-4-2-1の優位性を機能させることができなかったということだ。

いつもなら大迫、中島、堂安、南野にプラスサイドバックというシーンは自然にできる。3-4-2-1は本来攻撃の際はサイドハーフが攻撃に参加する分、トップ、両ウィング2人、プラスサイドハーフ2人になることができれば、いつもより1人多く見えるはずなのに、5日の試合ではトップ下がいない分いつもより攻撃陣が1人足りない状態に見えたのは私だけではないはずだ。サイドハーフがシュートをしないために、数的有利な状態を活かしきれなかった。

あくまで、トリニダード・トバゴ戦だけから判断すると、今の日本代表チームにはいつもの4-2-3-1でトップ下を置いた形が合っているのではないだろうか。

そうは言っても3バックは5日での試合が初の試みだった。慣れていない分機能させきれなかったのかも知れない。放ったシュートは29本と、このシステムでシュートまでいくことは証明されている。

次も3バックでいくだろうが、森保監督が3バックのメリットを誰よりも知っているはずなので、うまくいくのを期待している。

9日の試合を楽しみにしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です