予選リーグの振り返りとベルギー戦予想

投稿者: | 2018年7月1日

2018年7月1日(日)15:00 

 今週の議題:予選リーグの振り返りとベルギー戦予想 

 参加者:西宮光夏(男)、影のオーナー(不明)、一流のコーチ(男)、一流のサポーターママ(女) 、ブルマンさん(男)  

光夏「では今週も会議を始めたいと思います。みなさんよろしくお願いします」 

 一同「お願いしまーす」 

 光夏「予選突破、おめでとうございます!」 

 一同「おめでとうございます」 

 光夏「なんとか予選突破しました。西野監督の采配が光る結果となりました。日本のこれまでの戦いと次のベルギー戦についてお話を伺いたいと思います」  

一流のサポーターママ「ポーランド戦は色々と言われてもいますが、ポーランド戦はほどほどにしてベルギー戦の議論がしたいですよね」 

ブルマンさん「あの判断は良かったと思いますね。でないと、次の試合は見られないでR」 

影のオーナー「そうであーる。ポーランド戦は突破しないと決勝トーナメントにいけないであーるから、良い判断であったと思うであーる」

一流のコーチ「私もそう思います。イングランドとベルギー戦で結局ベルギーは勝ちましたが、引き分けだとイングランドがFPPで1位通過でした。やはりそこでFPPが使われていた可能性はありますので、日本は悲観することではないでしょう。ベルギーvsイングランド戦と日本戦の違いはイングランドとベルギーは両方とも決勝トーナメント上りが確定していたことです。確定していない日本にとっては上がるための最善の策をとるしかありません。いくつかある選択肢の中で、一つを選んだだけです。そう騒ぐことはないと思います。他の策を取って成功していたとは限りませんし、成功していたかもしれません。その時の監督に任せるしかありません」  

ブルマンさん「2番目の収穫は、香川や長谷部、乾、昌子といったこれまでのスタメン組を休ませることができたことでR。大迫も後半しか出ていませんし、そのあたりも4-4-2で勝負した西野監督の采配の素晴らしいところでR」  

一流のサポーターママ「これまでのスタメンを温存させて上がれたことは大きいですね」  

影のオーナー「そうであーる」 

 トントン(ドアをノックする音) 

 光夏「誰かきましたね」 

 客「どうぞ」(封筒をデスクに置いていく) 

光夏「封筒を開けましたが、写真が入ってますね。これは文春砲でしょうか」  

ブルマンさん、影のオーナー「どき!」 

 一流のオーナー「なぜ2人が動揺しているのですか?」 

光夏「これは誰でしょうか?自慢の高級車の横で写っています。女性の匂いがしませんか?」 

*文春砲より引用

影のオーナー「女性はいないようじゃなあ」  

ブルマンさん「これは実にあやしいでR、サングラスかけているからだれかわからないであーる、築地のオーナーではないですか?」 

光夏「これはサングラスですか?」

 一流のコーチ「もしかしたら女性が撮った写真なのでは」 

影のオーナー「これは文春砲に違いないであーる」 

 ブルマンさん「しかし、下手な編集でR」  

光夏「あのーそろそろ、ベルギー戦をうらなってもらってもよろしいでしょうか」 

一流のコーチ「ベルギーは普通に考えたら3-0くらいで負けてもおかしくありません。ただ、心理戦でいうと日本に分がありますから、0-0で後半にもつれ込んだらベルギーは焦ってくるでしょうから、面白かもしれませんね」 

 一流のサポーターママ「日本は失うものは何もないですからね」 

ブルマンさん「3バックは両サイドの後ろが弱いと言われるでRが、本当でRか」 

一流のコーチ「今回唯一狙えるのが、そのあたりだと言われていますね。弱点になるとしたらそこしかありませんが、なかなかうまくはいかないでしょう。どちらかというと速いパス回しで、奪われないでこちらペースですすめていくことで、相手がイライラするのを狙った方が早いかもしれません」 

一流のサポーターママ「今日は心理戦ということでしょうか?」 

影のオーナー「そうであーる、しかし、さきほどの写真のダメージが大きいであーるよ」  

一同、爆笑! 

 ブルマンさん「私もダメージが大きいでR」  

光夏「速いパス回しで、ベルギーにも心理的ダメージを与えるということでしょうか」 

一流のコーチ「そうですね、もしくは先ほどの写真を見せるか」 

一流のサポーターママ「コロンビアの始まり方のようなボール回しをずっと続けるという意味ではないでしょうか」 

一流のコーチ「ああいったボール回しを続ける、香川と乾のコンビネーションで迫る、柴崎がキラーパスを出す、コロンビア戦、セネガル戦のいいところを絶えず続けるということでしょうね、難しいですが、ベルギーを惑わせるにはそれをするしかないと思います」 

影のオーナー「ベルギーが今大会で失点した際はやはり3バックのサイド横を抜かれ、クロスを入れられた時であーる」

ブルマンさん「では、柴崎からサイドへパス、あるいは長友や酒井がドリブルで抜け出てクロスを入れるパターンが考えられるでR」

一流のサポーターママ「同じパターンを狙うなら、日本は得意なパターンですからいけそうですね」

一流のコーチ「ただ、修正は当然しているので、かなり厳しいとは思います。いつものパス回し、いつものドリブル、いつもの飛び込みを繰り返すしかないでしょうね」

影のオーナー「さっきの写真のショックからまだ立ち直れないであーる、このダメージはしばらくぬけないであーるよ」

ブルマンさん「なんか編集がだめでR」

光夏「ではベルギーに勝利するには、今大会の集大成ともいえるべき動きをする、ということでまとめてよろしいでしょうか」 

影のオーナー「もうひとつ日本が勝つことで良いプレゼントになるであーる」

光夏「それは、もしかして」

影のオーナー「そうであーる7月2日は小柳ルミ子の誕生日であーる、ぜひ勝って喜ばせてあげたいであーる」

 一同「OKです」 

光夏「では、今週はこれで会議を終わりたいと思います。みなさんも文春砲には気を付けてください」 

 一同「はーい、お疲れさまでした。フレンドリー、フレンドリー、Ohhhhh!Za!Usu!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です