江東フレンドリー vsNEXO戦、vs仲六キッズ戦の振り返り

投稿者: | 2018年12月4日

2018年12月2日(日)15:00

今週の議題:三井のリハウス 江東フレンドリー vsNEXO戦、vs仲六キッズ戦の振り返り

進行:光夏

参加者:影のオーナー、一流のコーチ、一流のサポーターママ 、ブルマンさん

光夏「では今週も会議を始めたいと思います。みなさんよろしくお願いします」

一同「お願いしまーす」

光夏「今回は三井のリハウス8ブロックリーグ後期リーグのフレンドリー最終2戦が行われました。夏場は色々とありましたが、リハウスも終わりました。どのような感想をお持ちでしょうか?」

一流のサポーターママ「残り試合が強豪NEXOと強豪の仲六キッズとの試合でした。NEXOには前半1-0でリードしましたが、後半フリーキックと合わせて2点取られましたね。仲六キッズ戦はNEXO戦とはまるで正反対で、先に1点取られましたが、3点取って3-1で勝利しました。最後に有終の美を飾れてほっとしました」

影のオーナー「特に左サイドバックが良いであるシャン、ミドルシュートが型にはまってきたでシャン」

一流のコーチ「左サイドバックがあれだけゴールを決めてくれるとチームとしては楽ですね」

光夏「巷では長友以上という噂ですね」

一流のサポーターママ「負けたNEXO戦では、左サイドバックの子が1点入れましたが、右利きなのに左足の突き刺さるようなミドルシュートには目を見張るものがありました」

ブルマンさん「そうだ、そうだでR」

影のオーナー「そだねー」

光夏「久しぶりに聞きましたね」

一流のコーチ「いやな予感」

影のオーナー「負けたが、あっち側でそれなりにやって、左サイドがあがってくると、そっち側で回りきって、左サイドが出て行ったでしゃん」

一同「・・・・・」

影のオーナー「ハーッ?」

一流のコーチ「いや、ハーッ?はこっちのセリフでしょ、訳の分からないことを言わないでください、光夏さん会議を続けましょう」

光夏「では続けます、NEXO戦でのフレンドリーの守りはいかがでしたでしょうか」

一流のサポーターママ「最近の試合では、自ゴール前でマークを外されて得点される場面が多いと感じますが」

一流のコーチ「NEXO戦では取られた2点のうち1点はファウルでフリーキックを与えたうえでの得点でしたが、もう1点はゴール前でトップの横の動きについていけずに取られた得点でした。仲六キッズ戦で取られた1点も相手のフリーキックからマークせずにフリーだった選手が、ボールが動いたあとパスを受けて余裕の得点でした」

光夏「ゴール前のマークの受け渡しが課題でしょうか」

ブルマンさん「受け渡し以前にマークについていない点が見受けられるでR」

一流のコーチ「マークを決めてみんなでサポートしあうことが大切ですね」

影のオーナー「そだねー、スーパーボランティア級にサポートしないといけないシャン。そうすると左サイドバックはんぱないってなるでしゃん」

光夏「あのー何を言ってるのかわからないんですけど」

一流のコーチ「それは今年の流行語大賞のいくつかをぶつけてきているんでしょ」

光夏「攻撃面はいかがでしょうか」

一流のサポーターママ「つなぎを意識して攻めあがっている時のパス回しは素晴らしいですね」

影のオーナー「あのパスのリズムはフレンドリーならではでシャン・・・ハーッ?」

一流のコーチ「そこは大丈夫なコメントになってますけど、ハーッ?はなくていいですよ」

ブルマンさん「カウンターが最近弱いでR」

一流のコーチ「よくわかりましたね、ブルマンさん。ゴール前からつないで上がるときは結構回していますが、カウンターの時につぶされる場面が最近多くなりましたので、カウンターがダメな場合にパス攻撃に切り替えられるともっと点が取れると思うのですが、なかなか切り替えが難しいようですね」

光夏「そういえば、仲六キッズ戦では本当に2バックでしたね、それもそつなくこなしていたようですが」

ブルマンさん「本当に2バックでいくとは思わなかったでR」

一流のコーチ「あの子たちは賢いですから、2バックも嫌がりますけど、やればできるんです」

一流のサポーターママ「そうですねこの学年の子供たちは賢いですから、これからも進化すると信じています。あと数ヵ月ですが、最後まで進化してください」

ブルマンさん「けがと言えば、影のオーナー、左手小指をテーピングしているでRがなんでけがをしたでRか」

影のオーナー「仲裁・・・」

ブルマンさん「仲裁?」

影のオーナー「そう・・・」

ブルマンさん「言葉少なでRな」

一流のコーチ「ブルマンさん、それはブルマンさんを引き付けようとする作戦ですよ。引き込まれない方がいいですよ」

ブルマンさん「そうでRか?痛そうでR、喧嘩の仲裁でRか」

影のオーナー「喧嘩を止めていたら、止めにきた警察が私が犯人だと思って私に向かってきたんでR、そのあと、喧嘩している人から、女だか男だかどっちなんだよ、って言われたでR、私が犯人と決めつける警察もひどいが、女か男かなんて聞くなんて、ひどくね」

一流のコーチ「それは北海道で女子プロレスラーの長与千種が喧嘩の仲裁に入った時に言われたセリフでしょ、ひどくね、じゃないですよ」

ブルマンさん「許せないんでしょうね、きっとね。血が騒ぐんでしょうね」

一流のコーチ「ブルマンさん、それは事件のことを聞いてダンプ松本が言ったことでしょ」

一流のサポーターママ「ははは、面白いですね、相変わらず」

一流のコーチ「あんまり褒めると、本当のフレンドリーのコーチ会議でも使いそうですのでやめてもらえますか」

光夏「あのー話し戻してもよろしいでしょうか、ダメと言われても戻しますが。残り数ヵ月ですが、大会もまだいくつかありますね」

一流のコーチ「城東フェニックス杯、ライオンズ杯、合宿、さよなら大会ですね。全て優勝したいですね」

「あ、UFOだ」「どこどこ?」
「なんちゃって!」「いててて」

一流のサポーターママ「今のパス回しができれば大丈夫ですよ」

光夏「最後まで優勝目指して頑張ってください!」

一流のコーチ「わかりました、頑張ります!」

光夏「では今日の会議を終わります。お疲れさまでした」

一同「お疲れさまでした。行くぞ!頑張ろう!勝つぞ!Oh!」

*この会議はフィクションであり、実際のフレンドリーの会議ではありません。

抜くぜ!シリーズ 華麗なパス回しからミドルシュート!

7番パスありがとう、良し行くよ、僕は6番にパス出すよ!
ナイスパス!
次は7番にパス!
ダイレクトで5番にパス、レフリーじゃまじゃま。
7番ありがとう、どりゃー!得意の空手キックじゃー!
入れーー!
ナイスシュー!これぞフレンドリー華麗なパス回しからの豪快なミドル!シュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です